×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイヤ交換


純正タイヤから換装したパイロットパワーも流石に12.000キロを走行し、スリップサイン寸前まで磨耗していたので梅雨明けの
シーズン前に交換する事に。
改めて振り返ってみると、純正タイヤの12.000キロもよくぞ保ったと思うが、
世間一般では「ハイグリップタイヤ」の部類に入る「パイロットパワー」が純正タイヤ並に12.000キロもの走行に耐えたなんて・・・
本音はあと一回位ツーリングに行ってから交換したかったが、フロントタイヤの段減りが激しく、
乗り心地も悪化しているだろうし、何より安全性に不安を憶えての走行ってのも???ですし。

   

交換直前に写真に撮ってみたのですが、フロント(上右側写真)はタイヤ中央がデコボコ状態の段減りの上、
サイドにかけても均等に磨耗していない状態が判るでしょうか?

そして今回、ターデットはミシュラン「パイロットパワー2CT」



パターンは普通のパイロットパワーと同じです。

作業は「テクニタップ」さんにお願いしました。

  

  

  

2人(親子?9での前後同時作業なので「あっ」という間に作業終了。
今回は走行距離も25.000キロなので「ハブダンパー」も交換していただきました。
持ち込みなので工賃は「ついでだからサービスでいいよ。」お言葉に甘えます。
そして「窒素充填」して完了です。

装着しての感想は「とにかく軽い」
この一言に尽きます。