×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カメラ・ステー


カメラ本体は雑誌に載っていたのを見て即決してしまいました。
カメラ本体は極小で何より目立たない感じでした。そして本体とは有線接続なので安定性も良い。
スマホとの連動も可能なのでちょっとだけ調整も簡単そうです。
高画質に設定しても64GBのマイクロSDだと正味8時間位の録画が可能です(電源はバイクからなので電池切れの心配なし)


7月のツーリングでジェネレーターカバーに両面テープで仮装着して録画してみましたが、撮影位置が低すぎて路面の映り込む割合が多いのと右側が写りにくいのが判明。

やはり車体の上半身に装着した方が良いみたいでした。

そこで

アッパーカウル下部(フェンダーとの隙間)・・・走るとフェンダーと干渉してしまう。
フロントアクスルシャフトに共締め・・・やっぱり撮影位置が低い
スクリーンの内側・・・画像が紫色(笑)
アッパーカウルのミラー根元に貼り付け・・・見た目が悪いし脱落の可能性大

かなり悩みましたが、最終的にミラー取り付けボルトにステーを探して取り付け、それに貼り付ける事にしました。

ホームセンターで何種類か購入してきて切ったり曲げたりしてみましたが、加工しやすいのは強度(厚みも)不足してブレそうだし、厚目の板では加工すら素人には難しく、中々捗らない日々でした。

そんな折、ハヤブサ仲間に連絡してみると「そんな事なら一度見せにきてよ〜!」とありがたいお言葉が・・・
日程調整をし、カメラやマウントを持って伺い、「あーして、こうして、こんな感じで見た目重視で・・・」と我儘を言わせていただき、パーツを預かって製作していただく事になりました。

で、数日後「出来たから送りますね〜」と送られてきたのがコレです



本体を装着し車体にセットして一人でニヤケてしまいました。
希望通りの寸法、そしてそれ以上の出来栄えでした。

数日仕事が忙しく放置してしまいましたが、ようやく塗装も完了。



そしていよいよ装着。

  

マジカルのミラーを装着しているのでミラー本体のアームを避ける様なボルト穴にし、さらにカメラマウントのサイズに合わせたステーサイスに作成してもらいました。細かくみるとステン板の切り口を丸めてあったり、マウント脱落防止のボルト穴もボルトが出っ張らない様な形状になっていたりと細かい作業を施していただきました。


こんな作業はバイク屋ではまずやってもらえないし、まして市販のステーではここまでのクオリティーは望めません。

また無理なお願いをするかもしれませんが、どうぞお付き合いください。
ラフさん、今回はお世話になりました。

HOME BACK